予防接種|神戸市東灘区の あずまがわ小児科クリニック 青木駅すぐ|ワクチン インフルエンザ 肺炎球菌 BCG

予防接種

予防接種を行う理由

赤ちゃんや幼児は病気に対する抵抗力が未熟ですし、母親から授かった免疫(抵抗力)も生後数ヶ月が経過すれば弱まってきます。そうすると赤ちゃんの体は病気(感染症)に罹りやすくなってしまいます。病気に罹ってしまうと、重い後遺症が残ったり、生命の危険にさらされたりすることもあります。ここで必要になってくるのが、病原体(ウイルスや細菌)に対する免疫をつくり出すワクチンの接種、つまり予防接種です。
一般的には生後約2ヶ月がワクチンデビューのタイミングです。
当クリニックでは、お子様の予防接種を行っております。お気軽にお問い合わせください。

ワクチンスケジュール

現在では、たくさんの予防接種があり、どれを接種したらよいのか…と戸惑われる保護者の方が少なくないと思います。また、予防接種のスケジュール管理は、少々難しいものです。そんなスケジュール管理についても、ご相談ください。お子様一人一人の「個別ワクチンスケジュール」を計画いたします。

ご持参いただきたいもの

  • 予防接種予診票
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 小児医療証
  • 診察券(お持ちの方) など

  • 万一の副反応に備えて、接種後30分程度は接種場所の近くに留まっていましょう。接種当日は入浴を含め、いつも通りの生活をして構いませんが、激しい運動は避けてください。接種後、体調の変化が見られた際は、すぐに医師にご相談ください。

生ワクチンと不活化ワクチンについて

生ワクチン

生きた病原体(細菌やウイルス)の病原性を弱めたものを接種して感染させ、免疫(抵抗力)をつけるワクチンです。その病気に罹ったのと同様の強い免疫が得られます。そのため接種回数は不活化ワクチンと比べ、少なくて済みます。また、次に違う種類のワクチンを接種する場合は、4週(中27日)以上の間隔を空ける必要があります。

不活化ワクチン

細菌やウイルスにホルマリンや紫外線による処理を加え、免疫をつけるのに必要な成分だけを残して、増殖性や毒性を無くしたワクチンです。生ワクチンと異なり、十分な免疫をつけるには、数回の追加接種が必要になります(※接種回数は、ワクチンの種類によってそれぞれ異なります)。また、次に違う種類のワクチンを接種する場合は、1週(中6日)以上の間隔を空ける必要があります。

定期接種と任意接種

予防接種には、下記のように「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

定期接種

国が「一定の年齢になったら受けるように努めなければいけない」(接種の勧奨)と規定しているワクチンです。
接種費用は対象年齢内・規定回数内であれば、基本的に公費で負担されます(対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けたりした場合の接種費用は、全額自己負担となります)。

★…不活化ワクチン  ☆…生ワクチン

ワクチン標準的接種期間接種回数
ヒブワクチン★ 生後2ヶ月~5歳未満 1~4回(接種開始年齢によって異なります)
小児肺炎球菌ワクチン★ 生後2ヶ月~9歳 1~4回(接種開始年齢によって異なります)
4種混合ワクチン★ 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 4回
3種混合ワクチン★ 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 4回
不活化ポリオワクチン★ 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 4回
2種混合ワクチン★ 11歳~13歳未満(標準的な接種年齢は小学6年生) 1回
水痘ワクチン☆ 1歳~ 2回
BCGワクチン☆ 生後5ヶ月~8ヶ月未満 1回
MR(麻疹・風疹混合)ワクチン☆ 1歳~ 2回
日本脳炎ワクチン★ 生後6ヶ月~(標準的な初回接種年齢は3歳) 3回
子宮頸がんワクチン★ 中学1年生~ 3回

任意接種

定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良いような予防接種といった意味合いではなく、どれも大切なものばかりです。費用は基本的に自費になりますが、それでもやはり接種を受けられるよう、お勧めいたします。

★…不活化ワクチン  ☆…生ワクチン

ワクチン標準的接種期間接種回数
ロタリックス
(ロタウイルスワクチン)☆
生後6週~24週 2回
ロタテック
(ロタウイルスワクチン)☆
生後6週~32週 3回
おたふくかぜワクチン☆ 1歳~ 2回
B型肝炎ワクチン★ 生後2ヶ月~ 3回
A型肝炎ワクチン★ 1歳~ 3回
インフルエンザワクチン★ 生後6ヶ月~小学6年生 2回

※ロタウイルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんので、ご注意ください。

  • 上記以外のワクチンについても、ご相談ください。
  • 0歳や1歳の時点で「打ち漏らし」があっても、それよりも上の年齢で接種できる場合があります。「接種を受けていない」「必要な回数を終わらせていない」などのケースについては、ご相談ください。

集団生活に入る前に

保育園や幼稚園などの「集団生活」に入ると、ウイルスなどの病原微生物に接する機会が急増します。
入園前には、お子様の接種状況を確認し直し、「接種漏れ」や「任意接種」などについては、可能な範囲で受けておくようにすると良いでしょう。

メニュー
© あずまがわ小児科クリニック

TOP